今までの兼題

第1回第2回第3回第4回
第5回地球第6回第7回第8回
第9回第10回第11回第12回
第13回第14回第15回兄弟第16回
第17回第18回第19回第20回
第21回第22回第23回第24回
第25回第26回第27回第28回
第29回第30回第31回第32回
第33回第34回第35回第36回
第37回第38回第39回第40回
第41回広場第42回鉛筆第43回映画第44回路地、露地
第45回近江、淡海第46回時計第47回正座第48回手足
第49回引力第50回受信第51回凡人第52回書架・書棚
本棚・書庫
第53回進化第54回硝子第55回暗闇第56回猛犬
第57回坩堝第58回位置第59回青森第60回 
俳句投稿の受付は、終了いたしました。


座す位置の変らぬバスや去年今年西方来人
狐火やいつもの位置に茫茫と西方来人
鉄塔の位置を変へたる寒の月西方来人
寒稽古的に向かひて位置定む西方来人
春の土捕手定位置につきにけり西方来人
机辺のもの位置を正して年新た佐々木靖子
額の位置ためつすがめつして余寒佐々木靖子
句読点の位置に迷ふや春寒し佐々木靖子
座る位置ずらせば見ゆる雪まろげ佐々木靖子
道祖神の位置違はねど野焼あと佐々木靖子
炉明りのとどく位置なり胡桃割る島 雅子
定位置に三毛猫の座す冬座敷島 雅子
きさらぎの朝の光の椅子の位置島 雅子
大空や梅一輪の占める位置島 雅子
恋猫の乗り込んでくる塀の位置島 雅子
位置に付いての怒号秋天おほいたる島崎正彦
早春や正座の位置の美しひと島崎正彦
鷹の眼は位置見定めて喉喰らう島崎正彦
学帽のつば位置正し入学子島崎正彦
月の位置確かめ辿る家路かな島崎正彦
タクシー待つ北半球は冬の位置志村万香
春光の位置を定めて願ひ事志村万香
春の海位置を正した波の線志村万香
子等の手に位置奮ひ立つ花の枝志村万香
叱るにも位置を正して春灯志村万香
決められし位置に落ちたる一葉かな末永朱胤
在ることは位置を持つこと星冴ゆる末永朱胤
元日の位置記すごと高き雲末永朱胤
冴え返る鉛筆転げ止まる位置末永朱胤
咲く位置は落下の起点赤椿末永朱胤
オリオンの位置指差してよりの恋鈴木まさゑ
定位置へ戻す猟銃磨きけり鈴木まさゑ
凍鶴のもう一本の脚の位置鈴木まさゑ
定位置に椅子の置かるる春隣鈴木まさゑ
バス停の位置やや移り初音かな鈴木まさゑ
望潮飛行機の位置刻刻と高橋寛治
雁風呂や首の位置据ゑ耳澄ます高橋寛治
屠蘇受ける指先の位置臓腑燃ゆ高橋寛治
位置などは念頭に無い海鼠かな高橋寛治
春一番ずれる筈なきビルの位置高橋寛治
寒北斗より我が位置を推し測る武井伸子
定位置にまつたき影や冬の鷺武井伸子
オリオンの位置確かむる家路かな武井伸子
定位置で光あつめる冬すみれ武井伸子
今年また巣箱の位置を確かめる武井伸子
煙草屋の軒見える位置つばくらめ谷原恵理子
定位置の窓のあの人クロッカス谷原恵理子
仮位置に早や根を太く蕗の薹谷原恵理子
この街に生きていく位置梅香る谷原恵理子
三寒や端つこにある辞書の位置谷原恵理子
位置変へて蝌蚪を見てゐる二人かな近本セツ子
定位置に眼鏡とノート春の夜近本セツ子
矢印のれんげ田の位置ほのぼのと近本セツ子
母の位置ストーブ青く燃えてをり近本セツ子
蒲公英もぽぽと咲くらむ去年の位置近本セツ子
初春やいつもの位置に君はなく千葉隆
寒暖計零下の位置や寒稽古千葉隆
冬薔薇の席を譲られ定位置に千葉隆
初日の出己の位置にぶれはなし千葉隆
初打ちやヘッドの位置は迷ひをり千葉隆
燕の巣去年と違ふ位置にあり辻村麻乃
どつぱんと位置自在なる春出水辻村麻乃
焼野原故郷の位置を忘れたる辻村麻乃
春炬燵常に斜めの父の位置辻村麻乃
飲む乳の位置を違へず狐の子辻村麻乃
新しき位置にも慣れて初蝶も同前悠久子
麗かや位置変ふるなき大テーブル同前悠久子
春三月この写真には定位置あり同前悠久子
ブローチの位置決めかねて春の服同前悠久子
立ち位置から135度春の夕同前悠久子
定位置に花の咲きつぐ二千年豊田静世
更衣四季ある位置にある日本豊田静世
北斗の位置さがす学びや浜万年青豊田静世
芋の露位置を替へても弥次郎兵衛豊田静世
雪しまき定位置ピタリ止まる汽車豊田静世
狼の位置に照準春の暮中﨑啓祐
立飲みのいつもの位置に暮れかぬる中﨑啓祐
山姥の乳房の位置に風光る中﨑啓祐
春光を浴びる位置に座す座頭市中﨑啓祐
春の宵互ひの位置をはかりかね中﨑啓祐
冬満月屋台の位置もくつきりと中島外男
書初めや筆持つ位置の定まりて 中島外男
寒鴉五重塔の定位置に中島外男
春近し猫はベンチの定位置に中島外男
廃船は港の定位置冬うらら 中島外男
少女らに踏まるる位置や初氷中西ひろ美
消えてみてもいい位置で見る冬の海中西ひろ美
冬日向ひろげた布と鋏の位置中西ひろ美
切る位置をさがして冬至南瓜かな中西ひろ美
飲み終へし空き缶の位置冴返る中西ひろ美
ブローチの位置を気にして卒業子服部さやか
春月の一回りして同じ位置服部さやか
足の位置確かめながら春の泥服部さやか
切凧の空から空へ位置を変え服部さやか
春燈やいつもの位置で開く本服部さやか
さびしさに立つ位置はここ冬欅浜岡紀子
変へられぬ位置となりけり蝶凍てて浜岡紀子
己が位置定まりて噛む海鼠かな浜岡紀子
鷹鳩と化し拘りを持たぬ位置浜岡紀子
何回となく位置を変へ残り鴨 浜岡紀子
冬北斗定位置にあり一里塚浜田はるみ
木菟啼くや古墳の位置に月上る浜田はるみ
地上絵の神の眼の位置霜柱浜田はるみ
舞殿を見下ろす位置や寒鴉浜田はるみ
湖のこの位置に風御神渡り浜田はるみ
大海のどこか鯨の遊ぶ位置佛川布村
冬田にて己れの位置を確かむる佛川布村
冬座敷海見える位置見えぬ位置佛川布村
村人の知る竜天に登る位置佛川布村
少年に少女呼ぶ位置春かもめ佛川布村
幼子の背丈の位置の初暦牧野洋子
座布団の位置ずらし見る村芝居牧野洋子
散歩する恵方の位置に橋ひとつ牧野洋子
日脚伸いつもの位置に猫眠る牧野洋子
煤払母の小箪笥定位置に牧野洋子
湯たんぽの位置確かめて眠りけり宮本 郁江
春障子いつもの位置に壺の影宮本 郁江
定位置に父と母ゐる春炬燵宮本 郁江
木洩れ日や巣箱の位置を高くして 宮本 郁江
位置少し変へて眠りぬ菊枕宮本 郁江
炬燵おく位置もとどほり大家族村瀬八千代
凧あげの父と子の位置定まれり村瀬八千代
冬鷺の行きも帰りも同じ位置村瀬八千代
白梅の丘水音のはづむ位置村瀬八千代
縁側の動かざる位置君子蘭村瀬八千代
ひとむらや鬼門の位置の水仙花山下添子
雛段にそれぞれの位置定まりぬ山下添子
仕切り位置砂場に書いて草相撲山下添子
今年又位置を変へずに曼珠沙華山下添子
位置につくランナーの背に冬日差す山下添子
春の日の届かぬ位置に黄泉の神和智安江
姿見の位置をずらせば春の雪和智安江
帯の位置高く仕上げて雛祭和智安江
段畑を見下ろす位置に山桜和智安江
オフィスの立ち位置ガラス戸に西日和智安江
揚雲雀着地予想の位置を超え浅見 百
斑雪山小屋の位置覚束無浅見 百
寂しさの極まる位置に芽吹きあり浅見 百
紙飛行機着地の位置は花の枝浅見 百
桜守位置をかへては花をほめ浅見 百
今日も通る変はらぬ位置の枯柏あべあつこ
地球儀の位置をゆづられ室の花あべあつこ
枯野原立ち位置何処と問はるればあべあつこ
カルメンの位置遠ざかる寒椿あべあつこ
寒北斗探しあてたる母の位置あべあつこ
ふらここや我が立位置を確かめん新木孝介
それぞれの位置を確かめ雛飾る新木孝介
まだ位置の馴染まぬ家具や花疲れ新木孝介
絵の位置を変へてみようか春の宵新木孝介
みな位置につきて出さるる木の芽和新木孝介
位置定め条幅蒼し筆初め五十嵐孝子
立ち位置の同じホームや春ショール五十嵐孝子
小机の位置をずらして春月夜五十嵐孝子
ハチ公の位置は変わらず春時雨五十嵐孝子
鉢植えの位置窓際に日長かな五十嵐孝子
道しるべなりたる位置の冬すみれ石井圭子
口の位置だけがまともや福笑ひ石井圭子
三日はやいつもの位置に腰掛ける石井圭子
福寿草置き位置迷ふ嫁姑石井圭子
ゴミの山見下ろす位置の寒鴉石井圭子
帯の位置決り冬海遠からじ岩淵喜代子
箸置きに位置を与へて小正月岩淵喜代子
くしやみして己の位置の定まりぬ岩淵喜代子
梟は位置を持つ鳥足揃へ岩淵喜代子
立ち位置の自づと出来て花御堂岩淵喜代子
定位置に座す煤逃げの茶房かな宇陀草子
位置少しずらし報恩講の席につく宇陀草子
位置変へて書斎華やぐシクラメン宇陀草子
弾かれざるピアノ定位置日脚伸ぶ宇陀草子
定位置に停まる電車や春一番宇陀草子
位置につくアスリート等の事始及川希子
位置定めコンテナ重機初荷置く及川希子
松過ぎて年寄り二人常の位置及川希子
国境の位置争ふや去年今年及川希子
カーナビの位置情報で初詣及川希子
地平線いつもの位置に初筑波大豆生田伴子
冬林檎光る果物籠の位置大豆生田伴子
冴返る定位置にある広辞苑大豆生田伴子
早春のブーケに濡るる胸の位置大豆生田伴子
浅春の山の端明かし雲の位置大豆生田伴子
位置情報消失したり雲雀野に岡本惠子
鳥雲にレコードの針飛ぶ位置に岡本惠子
風船放つ吃水線の位置深し岡本惠子
絎台は祖母の定位置春障子岡本惠子
春北斗我が立つ位置の定まれり岡本惠子
凍鶴の脚置く位置の青暗し尾崎淳子
間違へし位置まで戻り毛糸編む尾崎淳子
春炬燵足のぶつかり合へる位置尾崎淳子
さくら貝波の届かぬ位置に置く尾崎淳子
立春やシャンシャン滑る枝の位置尾崎淳子
雪だるま困つたやうな位置に眉鬼武孝江
福笑ひその鼻の位置眉の位置鬼武孝江
忘れずに同じ位置より名草の芽鬼武孝江
立ち雛や袖の触れ合ふ位置に立ち鬼武孝江
中天に位置し朧な春の星鬼武孝江
庭中の物の位置づく春の雪河邉幸行子
此の先の社会の位置へ卒業す河邉幸行子
待春の売場の位置のチョコレート河邉幸行子
早春の位置に影ありケーブルカー河邉幸行子
海女もぐる譲れぬ位置のありありと河邉幸行子
我が位置を考へてゐる初詣川村研治
寒北斗立つ位置すこし変へてみる川村研治
雪富士の位置をたしかめつつ歩く川村研治
かいつぶり潜りし位置は失はれ川村研治
定位置はライトで五番草萌ゆる川村研治
本棚の位置きめかねて春夕焼木佐梨乃
立ち位置の違いで済ます春夕焼木佐梨乃
数式の左右の位置や春おぼろ木佐梨乃
あなたとの位置を測れば風光る木佐梨乃
春風を迎える位置に開ける窓木佐梨乃
越冬の位置につきたるなめくぢり木津直人
初啼きの位置に土蔵が一つきり木津直人
人は人の位置を求めて霜の山木津直人
大雪の後不可思議な靴の位置木津直人
位置をしめ墓地きらきらと涅槃西風木津直人
犬がゐた位置に寒風土手走る栗原良子
雪平野定位置なるやスカイツリー栗原良子
地吹雪や二歩先にらむ足の位置栗原良子
午後一番受付位置に春深む栗原良子
隊員に位置点々と春の基地栗原良子
屠蘇朱盃位置確かめてと独り言つ黒田靖子
元日もいつもの位置で初日仰ぐ黒田靖子
書初や落款の位置にこだはりて黒田靖子
隙間風当たらぬ位置へ鉢寄せる黒田靖子
孫二人位置確かめつつ雛飾る黒田靖子
虹の帯の立つ位置などは探さぬ兄部千達
豆植うも位置を忘れて叱られぬ兄部千達
山の木の石斛の花咲く高き位置兄部千達
月の位置探して歩く路地散歩兄部千達
炬燵猫紛れる位置は決まりをり兄部千達
ドの位置に先づは指置く初稽古小塩正子
位置ひとつずれしボタンの春コート小塩正子
段飾り男雛女雛の位置で揉め小塩正子
新社員頭の位置を少し下げ小塩正子
雪の朝定位置ずれてバス止まる小塩正子