今までの兼題

第1回第2回第3回第4回
第5回地球第6回第7回第8回
第9回第10回第11回第12回
第13回第14回第15回兄弟第16回
第17回第18回第19回第20回
第21回第22回第23回第24回
第25回第26回第27回第28回
第29回第30回第31回第32回
第33回第34回第35回第36回
第37回第38回第39回第40回
第41回広場第42回鉛筆第43回映画第44回路地、露地
第45回近江、淡海第46回時計第47回正座第48回手足
第49回引力第50回受信第51回凡人第52回書架・書棚
本棚・書庫
第53回進化第54回硝子第55回暗闇第56回猛犬
第57回坩堝第58回位置第59回青森第60回模様
第61回王様第62回四角第63回半島第64回懸垂
俳句投稿の受付は、終了いたしました。


手招きで春呼ぶ形能登半島新沢しんこ
「ワリィ子は去ね」となまはげ男鹿半島新沢しんこ
半島の棚田に等しく春夕焼け新沢しんこ
富士を据ゑ半島キャベツの最盛期新沢しんこ
半島の対岸青く鯵を釣る新沢しんこ
逃水をたどりいつしか半島に末永朱胤
半島の尽きて春蝶たちどまる末永朱胤
半島の立ち上がるかに春嵐末永朱胤
半島は船首のごとく夏怒濤末永朱胤
半島の果に夕焼け拾ひけり末永朱胤
半島に風つよき日や遍路道鈴木まさゑ
神々は半島を出づ青あらし鈴木まさゑ
半島を蚊帳の向かうに見て眠る鈴木まさゑ
半島の村人総出精霊舟鈴木まさゑ
一湾に半島ふたつ鷹渡る鈴木まさゑ
半島の延びて立夏の水平線高橋寛治
半島へ視線たゆたふ昼寝覚高橋寛治
蝶消えて水平線と半島と高橋寛治
半島の延びて伸びきる朝寝かな高橋寛治
蝉プツン水平線と半島と高橋寛治
連翹の向う半島横たはる武井伸子
春の星船出しさうな夜の半島武井伸子
半島は石段ばかり海胆を割る武井伸子
半島の祭率ゐる猿田彦武井伸子
半島の神輿は波に煽られて武井伸子
睦五郎跳ね半島のうすぐもり田中美佐子
半島のディーゼル機関車花明り田中美佐子
梅雨の走りや半島の原城址田中美佐子
半島の単線軌道蟹の穴田中美佐子
半島に天草四郎青葉若葉田中美佐子
津軽半島花に始まる令和かな谷原恵理子
半島の校舎は一つ青葉風谷原恵理子
半島の風棲むところ蕗野原谷原恵理子
遊船や半島の産着翻し谷原恵理子
神の座す半島の岩竹の秋谷原恵理子
半島の闇動きたる滝の音近本セツ子
半島の沖まで晴れて茶摘みかな近本セツ子
みんみんや紀伊半島の地図も古り近本セツ子
半島の入江に自在海月かな近本セツ子
半島へ続く鉄橋夏の月近本セツ子
半島の先はシベリア春驟雨千葉 隆
半島のれんげれんげの千枚田千葉 隆
半島に今たどり着くつばくらめ千葉 隆
半島の連絡船や百千鳥千葉 隆
半島に硝煙上がる涅槃西風千葉 隆
修学旅行岬半島揺れし船同前悠久子
紀伊半島廻りて瀬戸の春の海同前悠久子
子が住みしマレー半島常夏の同前悠久子
男鹿半島雌鹿半島を覚えし夏同前悠久子
「椰子の実」の半島に朝日昇りたり同前悠久子
半島の国やローマのイースター豊田静世
半島の鼻放牧の親子馬豊田静世
野付半島玫瑰の花一望す豊田静世
なまはげに泣く子逃げる子男鹿半島豊田静世
半島はあの辺りかな海霧深し豊田静世
テキラ飲む蜃気楼消ゆ半島に中﨑啓祐
ブーメラン帰らず東風の半島に中﨑啓祐
半島の地図に磁石置く日永中﨑啓祐
半島の非武装地帯てんと虫中﨑啓祐
半島の陰蛍烏賊光る波中﨑啓祐
半島のゆかりの宿や春炬燵中島外男
半島の岸壁に立つ春の風中島外男
半島の霊場おおふ春の闇中島外男
半島の畦ぬる農夫もくもくと中島外男
半島の秘湯に咲くや山法師中島外男
半島の真赤に染まる罌粟の花服部さやか
半島の形をなぞり南風吹く服部さやか
半島に線路の果てて夏蓬服部さやか
半島に首都がぽつんと涅槃西風服部さやか
半島の端から消えて夏の霧服部さやか
夏霧や踏み入ることのなき半島浜岡紀子
漆黒の闇の半島木葉木菟浜岡紀子
半島や隠れるやうに父子草浜岡紀子
国生みの神半島のひきがへる浜岡紀子
ひと気なき昼の半島鯉のぼり浜岡紀子
槍投げて半島の春呼び覚ます浜田はるみ
半島に沼を残して鴨引けり浜田はるみ
半島にしつぽのありて亀鳴けり浜田はるみ
半島の闌けて令法の白い花浜田はるみ
夕凪を見に半島の外れまで浜田はるみ
半島やランプの宿で初夏の星深沢文子
桜島半島の先煙たち深沢文子
函館や津軽半島皐月晴深沢文子
半島のない上州路畦青む深沢文子
風薫る伊豆半島の島巡り深沢文子
半東の男滝女滝をまはりきし牧野洋子
半東に貝の化石や夏の果て牧野洋子
半東の清水湧く畑山葵摘む牧野洋子
半東の沖海女の笛聞かんとす牧野洋子
半東にアサギマダラの影落とし牧野洋子
半島の先春の海の円きこと三島やよい
若草の野付半島海へ入る三島やよい
ふりむけば半島夕焼け子等光る三島やよい
半島に重なる棚田水温む三島やよい
半島に陽光はじく代田かな三島やよい
半島の春のマラソン走り切る宮本郁江
半島のランプの宿や春時雨宮本郁江
半島のコンビナートや夏近し宮本郁江
半島へすぐに行けそう虹の橋宮本郁江
塩田を均す半島夏の空宮本郁江
半島の真ん中風の牧開き村瀬八千代
風を待つ舟や半島花盛り村瀬八千代
半島に汽笛を残し春の旅村瀬八千代
半島の先端に棲み若布刈る村瀬八千代
晴天の房総半島きんせん花村瀬八千代
半島に春日やつばさ幼稚園山下添子
風光る知多半島の刀塚山下添子
飛んでとぶ知多半島のイルカショー山下添子
半島を巡るクルーズ尾白鷲山下添子
波のりや椰子の実ひとつ半島へ山下添子
半島のさらに先へと咲く桜和智安江
半島に片脚かくし春の虹和智安江
半島を左右に揺らす大南風和智安江
稲光夜の半島を顕にす和智安江
鯨の来半島しばし大賑はひ和智安江
半島の人を愛して白むくげ浅見 百
半島の言葉飛び交ふ夏の街浅見 百
国境は半島の先霞みけり浅見 百
半島の海幸山幸夏盛り浅見 百
半島の小島に熟す大レモン浅見 百
半島をめぐり涼しき加賀ことばあべあつこ
半島の浜昼顔は砂を浴びあべあつこ
半島に舟虫追ひて暮れにけりあべあつこ
自転車で巡る半島夏つばめあべあつこ
半島の廃舟に咲くダリアかなあべあつこ
半島のやうなオムレツ夏旺ん新木孝介
半島のやうに裸の横たはる新木孝介
半島のやうな顔して黒ビール新木孝介
半島へ渡るフェリーやバナナ剥く新木孝介
岬より半島眺む白夜かな新木孝介
函館は渡島半島さくら咲く五十嵐孝子
半島のくびれし先や山笑ふ五十嵐孝子
半島のカフェの窓には春夕焼五十嵐孝子
半島の波間波間の落花かな五十嵐孝子
半島や梅雨の兆しや雲低く五十嵐孝子
石井圭子石井圭子
春霞いよいよ列車半島へ石井圭子
春宵の指でなぞりし知多半島石井圭子
半島を北へ菜の花攻め寄せて石井圭子
風光る知多半島の登り窯石井圭子
半島の生家を尋ね春灯石井圭子
半島の榎若葉の下に立つ岩淵喜代子
半島の突端に立つ菜の花忌岩淵喜代子
半島に蛸壺積めるだけ積まれ岩淵喜代子
半島の真ん中をゆく蝦蛄食べに岩淵喜代子
身中の半島もまた菜種梅雨岩淵喜代子
風強き日の半島の鼓草宇陀草子
半島の先端に消ゆ遍路みち宇陀草子
鳥雲に入る半島の尾根低し宇陀草子
半島の棚田磯まで耕され宇陀草子
半島の空残雪の富士掛かる宇陀草子
半島を一回りして探梅行及川希子
半島へバスのツアーや野水仙及川希子
発射場半島にあり五月晴れ及川希子
半島に灯台ありて春光る及川希子
半島に蜂飼の来て花を追ふ及川希子
半島にあそぶ姉妹や花菜風大豆生田伴子
半島の大岩小岩春時雨大豆生田伴子
春濤のきて半島を輝かす大豆生田伴子
半島や鷗のとまる大巌大豆生田伴子
地図上の半島めぐる暮の春大豆生田伴子
野遊びや縄文の日の半島も岡本惠子
半島の芽吹きの色の石鹸玉岡本惠子
半島の残花を浚ふ夜の風岡本惠子
半島は鰊曇や弥撒の鐘岡本惠子
半島の外人墓地へ菫束岡本惠子
流木を拾ひ半島霞みけり尾崎淳子
半島のバス停に降る花楓尾崎淳子
防人の半島花菜明りかな尾崎淳子
半島の駅舎に大き虹立ちぬ尾崎淳子
半島を上下に洗ふ卯月波尾崎淳子
半島の菜の花畑の先に海鬼武孝江
半島の先の先までキャベツ畑鬼武孝江
半島にウインドタービン風光る鬼武孝江
夏景色半島巡る白いバス鬼武孝江
夕立雲走れ半島渥美線鬼武孝江
半島の追憶翔てり岩燕河邉幸行子
半島の時報のやうに遠郭公河邉幸行子
桑の実や積丹半島今もあせず河邉幸行子
半島のキャンプファイヤー島の子と河邉幸行子
半島の大夕立に出会せり河邉幸行子
半島は太き親指春一番川村研治
鳥帰る能登半島の百歳翁川村研治
半島は眠りに入りぬ春の月川村研治
鳥雲に入りて半島のこりけり川村研治
半島の吹き荒れてゐる為朝忌川村研治
半島の頃の日本や浅利汁木佐梨乃
韓半島からKAWAIIの氷菓かな木佐梨乃
天津は半島の奥冷茶飲む木佐梨乃
半島の白灯台に白ワンピ木佐梨乃
半島に牧場の跡雲の峰木佐梨乃
半島に水陽炎の晝寝時木津直人
半島の道は毛虫をころす道木津直人
第一子得て半島の夏帽子木津直人
青鳩鳴く半島の空すでに雨木津直人
半島に風車をならべ母身近木津直人
半島の日々の若かり春はゆく栗原良子
春昼や半島いつも迂回して栗原良子
ジュリアナは遠し半島暮遅し栗原良子
半島を目指し山越ゆ濃霧かな栗原良子
半島に今つちふると言ふ老婆栗原良子
半島は晴れ渡りたる芽吹き山兄部千達
半島の紫雲英田で児等遊びをり兄部千達
半島の今鷹柱昇りゆく兄部千達
半島の夜の野分や船打つ音兄部千達
天狼の方へ半島伸びてをり兄部千達
霞みたる半島目指す汽笛かな小塩正子
船帰る春灯滲む半島に小塩正子
半島を覆ひつくせりキャベツ畑小塩正子
半島へ向かふ坂道山背風小塩正子
半島に寄せ来る流氷海の哭く小塩正子
半島へ片足架かる二重虹西方来人
葉桜や半島沖に白き船西方来人
半島の先の半島花海桐西方来人
半島の稜線の黙夏座敷西方来人
堪能の伊勢海老尽くし志摩半島西方来人
星大き半島の空五月かな佐々木靖子
砲台の残る半島椎若葉佐々木靖子
半島の海女の甲斐性田を起こす佐々木靖子
半島に畑焼く煙フェリー着く佐々木靖子
半島の切り立つ崖や月おぼろ佐々木靖子
半島の駅舎もろとも陽炎へり島 雅子
半島に鮫がきてゐる桜の夜島 雅子
半島の手足が消えて蛙の子島 雅子
半島の灯台守や茎立てる島 雅子
発酵つづく半島の短き夜島 雅子
花冷えの半島包む掌島崎正彦
半島を出でよ同胞桜東風島崎正彦
半島の吊り橋の先春暮るる島崎正彦
半島の霧をまとひて金門橋島崎正彦
海猫の舞ふ半島に帰郷せり島崎正彦
半島に今や桜の咲きまさる志村万香
桜舞ふ神戸半島人の波志村万香
鶯も半島の森飛び遊ぶ志村万香
蒲公英や半島のどこ通はせる志村万香
半島の先の先まで霞みをり志村万香